エンジニア男

勉強したことの忘備録としてつらつら書いていきます。

【AWS】IMAユーザーの作成

IAMユーザー作成のメモ。

 

①[ユーザーを追加]を押す。

f:id:shota06:20211007000753p:plain

 

②↓の項目を入力して、[次のステップ: アクセス権限]を押す。

ユーザー名: ユーザー名

AWSアクセスの種類

☐ アクセスキー・プログラムによるアクセス: cliツールでログインしたい場合はこちら。

☐ パスワード・AWSマネジメントコンソールへのアクセス: AWS Management Consoleでログインしたい場合はこちら。

f:id:shota06:20211007000819p:plain

 

③↓の項目を入力して、[次のステップ: タグ]を押す。

[アクセス許可の設定のタブ]

ユーザーをグループに追加: 作成するユーザーを指定したグループに追加する。

アクセス権限を既存のユーザーからコピー: 選択したユーザーのアクセス権限をコピーする。

既存のポリシーを直接アタッチ: ユーザーにポリシーを直接アタッチする。

f:id:shota06:20211007000928p:plain

f:id:shota06:20211007002542p:plain

f:id:shota06:20211007002554p:plain

 

④key=valueの形式でタグを設定する。

タグ: AWSリソースに割り当てることが出来る。タグを付けると、AWSリソースの特定と整理に役立つ。

f:id:shota06:20211007000947p:plain

 

⑤確認ページ。問題が無いようであれば、[ユーザーの作成]ボタンを押す。f:id:shota06:20211007001022p:plain

 

⑥ユーザー作成完了画面。

[.csvのダウンロード]ボタンを押すと、CSV形式のユーザー情報をDLできる。

基本的にこの画面で表示している情報は、この画面でダウンロードしておく。このステップを行った後は見れなくなる情報もあるため。

f:id:shota06:20211007001038p:plain

 

⑦ユーザーのダッシュボードに戻る。作成したユーザーが表示されていればOK

f:id:shota06:20211007001049p:plain

 

⑧ユーザー編集画面。

[タブ]

アクセス権限: ユーザーのアクセス権限(ポリシー)が見れる。アクセス権限の追加&削除の編集が出来る。

グループ: ユーザーが所属しているグループが見れる。グループの削除&追加の編集が出来る。

タグ: ユーザーに付けたタグを見れる。タグの削除&追加の編集が出来る。

認証情報: ユーザーの認証情報が見れる。

アクセスアドバイザー: ユーザーに付与されたサービスのアクセス許可と、これらのサービスが最後にアクセスされた時間が表示される。

f:id:shota06:20211007001229p:plain